本校の教育目標

●学校経営の基本理念

 本校は人間尊重の精神を基盤に,国際社会をたくましく生きる心身共に健康な児童を育成する。そのため学校においては,社会の変化に主体的に対応できる能力や創造性の基礎を培い,心豊かでたくましく生きる児童をめざし,次の教育目標を学校・家庭・地域社会の相互連携でその具現化を図る。

●教育目標

学校教育目標:学びつづける子の育成

教育目標の三つの柱 実 践 指 標 要 素
考える子 1 目的を持ち進んで学習する子
2 自分の考えや思いを伝え合う子
3 基礎的・基本的事項が身についている子
4 学習の仕方が身について子
5 計画を立てて,継続的に学習する子
自主性
判断力
基礎力
自主性
計画性
思いやりある子 1 明るく元気にあいさつする子
2 みんなと協調し、自分の良さを発揮する子
3 決まりを守り、自分の責任を果たす子
4 自然を愛し、豊かな感性を持つ子

明朗誠実
自他尊重
公共心
生命尊重

たくましい子 1 何事も最後までやり抜く子
2 スポーツに親しみ、体を鍛える子
3 心身ともに健康で明るい子
4 生活リズムを整え、安全に心がける子
意 志 力
体力向上
実践力
健康安全

●平成26年度重点目標と指導の努力点

重 点 目 標 重点事項(9本の柱) 指導の努力点(各6本の柱)

Ⅰ 確かな学力の向上

◎確かな学力のある子を育てる

1 基礎学力の定着

2 個に応じた指導法の工夫

3 言語能力の育成

(1)週案作成・教材研究の充実
(2)校内研の充実(学びの共同体の推進)
(3)個に応じた学習指導の工夫
(4)家庭学習の内容の工夫と点検
(5)読書活動の充実と図書室の活用
(6)言語活動の充実・言語環境の整備

Ⅱ 豊かな心の育成

◎ 心豊かな子を育てる

4 豊かな心の育成

5 表現力の育成

6 魅力ある学校づくり

(1)凡事徹底(当たり前のことができる)
(2)道徳教育の充実
(3)発表・音読・合奏合唱の推進
(4)学校行事工夫と交流体験の推進
(5)豊かな心をはぐくむ環境づくり
(6)地域と連携した開かれた学校づくり

Ⅲ 健康・安全

◎ 心身共に健康な子を育てる

7 生徒指導の改善・充実

8 教育相談活動の改善・充実

9 健康安全教育の改善・充実

(1)生活規律確立と共通理解の実践
(2)全児童の現状把握と全職員対応
(3)特別支援を行う支援体制の工夫
(4)関係機関との積極的な連携強化
(5)健康教育・食育の指導工夫・改善
(6)安全指導の徹底・安全管理の徹底

 

グランドデザイン(PDF)